カテゴリー
ライフスタイル

定年退職したら・・・

みなさん、こんにちは。

年が明けると入学試験の季節。そして、試験が終われば入学式までは自由な時間。今年もまた、そのような季節が近づいてきました。受験生時代、某予備校のポスターに「僕たちの正月は3月だ」というものがありましたが、あれは今でもあるのでしょうか?

さて、受験勉強の日々が続き、入学試験に合格すれば、そこから先はしばらくは正月休みのようなもの。その休みをどのように過ごすか?は人それぞれでした。免許を取得したり遊んだり、普段とはちがう生活をしていたと思います。

定年退職についても似たようなことがいえると思います。でも、入学試験とはちがい明確な目標物がありませんので、そこから先、何を目指していくのか?自ら到達イメージを描いていかないと、残りの人生をボーッと活きていくことになりかねません。

コーパスクリスティ

定年退職時の自分自身の所属部署、肩書き、人間関係、ライフスタイルは仕事あってのものですので、その多くを変える必要がありますし、変えることができるチャンスです。

今までの生活のうち、通勤等を含めて仕事に割いていた時間はだいたい週60時間(月240時間)ほどでしょうか?これだけの時間を有意義に使ったセカンドライフにしたいものです。

有意義なセカンドライフ、魅力的な自分にしていこうと思ったら、週60時間(月240時間)をどのように使うか?という大きなイメージを描く必要があるのではないかと思います。もちろん、その中にはゆとりの時間も含みますが、毎日2時間ランニングしたとしても週14時間、まだ、46時間もあります。この時間を有意義に過ごすには、思いっきり想像力を働かせる必要がありそうです。

このような壮大なことを考えてみるためには、まず、普段とはちがう空のもとで、日常のコミュニケーションを遮断して空想を巡らしてみるのも良いと思います。

コーパスクリスティ2

この写真は、アメリカ滞在中の週末にコーパスクリスティ(Corpus Christi)に1泊した時のものです。わずか1泊2日でしたが、普段と頭の回転を強制的に変えることができた旅行で、私のライフスタイルに少なからぬインパクトを与えてくれました。

コーパスクリステ3

ただ、今はコロナ禍で旅行も難しいと思いますので、旅行の予約サイトで★の多そうな宿を調べておくなど、半年後、1年後の旅行の準備を始めてみるのもよいと思います。

でも、それまでの間はどうするの?

ひとりで街を散歩することをおすすめします。仕事で見えていた街の風景と、仕事から離れて見る街の風景のちがいと解放感を実感してみるのもよいものです。

ではまた。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村 ←ポチッと!

Eddie

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA