インフルエンザの季節にニンジンしりしり

寒い季節には、風邪の予防などに良さそうな食品やレシピを覚えておくと便利です。

ニンジンしりしり

まず、ビタミンAやカロチンを補給できる食品。体内に侵入しようとする病原菌と戦うために必要な代表的な栄養素です。そして、風邪にかかったかなと思ったらビタミンC。のどの調子が心配になったら生姜湯など。食品ですので医薬品のような効き方をすることはありませんが、その他の工夫もあわせて対策を打っていきましょう。

外出するときにはハンドサニタイザーを持ち歩き、ときどき手をきれいにする。帰宅したら手を洗ってうがいをする。その他にもいろいろな工夫がありますね。

というわけで、今日のメニューは「ニンジンしりしり」。

ニンジン(1本)を細かく刻み、ツナ(1缶)と一緒に油で炒め、火が通ってきたところで塩胡椒で味付け。さいごにといた卵(1個)をからめ、醤油をちょこっとたらせば出来上がりです。

ニンジンは野菜類としては糖質が高いものの、ご飯代わりにできる程度の味付けにしておくと主食が不要です。

そして食後にはサプリメント。カロチンはニンジンからたっぷりとりましたので、ビタミンCを少し補給。さらに、還元型コエンザイムQ10もあればいいですね。

そして寝る前には生姜湯を少々。のどの不安も減りますし、身体も温まります。

みなさま、今日のブログも参考にしていただき、風邪をひかないよう、よいお年をお迎えください。

次回のブログ更新は1月7日の予定です。

低糖質ダイエットの実践方法は、私のサイト”Good Health!”を参考にしてくださいね。

eddie

にほんブログ村 ライフスタイルブログへにほんブログ村