カテゴリー
ライフスタイル

定年退職したら・・・

みなさん、こんにちは。

年が明けると入学試験の季節。そして、試験が終われば入学式までは自由な時間。今年もまた、そのような季節が近づいてきました。受験生時代、某予備校のポスターに「僕たちの正月は3月だ」というものがありましたが、あれは今でもあるのでしょうか?

さて、受験勉強の日々が続き、入学試験に合格すれば、そこから先はしばらくは正月休みのようなもの。その休みをどのように過ごすか?は人それぞれでした。免許を取得したり遊んだり、普段とはちがう生活をしていたと思います。

定年退職についても似たようなことがいえると思います。でも、入学試験とはちがい明確な目標物がありませんので、そこから先、何を目指していくのか?自ら到達イメージを描いていかないと、残りの人生をボーッと活きていくことになりかねません。

カテゴリー
未分類

Good Health!2nd 編集方針=フィジカルにはサイボーグ+メンタルは???

みなさん、こんにちは。

私が子供の頃、サイボーグといえば009で空想の世界のものと思っていましたが、1年半ほど前に「拡張の世紀」という本を読んで以来、私自身がサイボーグになれるのではないか?という気がしています。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

拡張の世紀 テクノロジーによる破壊と創造 [ ブレット・キング ]
価格:2640円(税込、送料無料) (2021/10/10時点)

 

このサイボーグ、Wikipediaによると、「サイボーグ(cyborg)は、サイバネティック・オーガニズム(Cybernetic Organism)の略で、広義の意味では生命体(organ)と自動制御系の技術(cybernetic、サイバネティックス)を融合させたものを指す。」ということです。

私達自身の身体は生命体です。では、自動制御系の技術とは具体的に、どのようなものになるのでしょうか?

カテゴリー
雑談

Pinterestを使って抱き枕を買ってみた話

みなさん、おひさしぶりです。

昨年秋に定年退職。定年退職したら時間に余裕ができると思っていましたが、半年以上経っても、いろいろと忙しい状況が続いています。

「なぜ?」

「別の仕事をしているから?」

「余計なことをしているから?」

などとも思いましたが、何をするにしても、ある程度パターン化した生活のリズムってあった方が良いみたいですね。

会社生活では意識をしていませんでしたが、年に1度の確定申告、毎月の請求や支払いや日々の帳簿など、当たり前のことでも慣れないことを始めるのは結構大変です。新入社員より40歳も年をとっていますので尚更です。

ダイエットの場合もそうですが、思考回路や行動を”ある程度”パターン化するとラクになることがあります。身近な食品に含まれる糖質の量を覚え、栄養バランスを考慮して、腹八分目の食生活を続けるように、ツボをおさえてパターン化すると効率的にすることができる。そんな感じです。

カテゴリー
ライフスタイル

生活パターンを変えてみよう(4)週単位の工夫

みなさん、こんにちは。

ダイエット中、毎日体重を測っていると何か規則的な変化があったりしませんか?

例えば、週末になると停滞すること。この週末さえなければ、ダイエットに成功することができるのに、、、という感じです。このようなとき、週末だけ気をつければ大丈夫。平日は今まで通りの生活をしていきましょう。

では、平日と週末のどこがちがうのでしょう?このちがいが明確になって、その対策を考えて実践することが出来れば、もう、週末も怖くありません。朝起きる時間、食事の内容、食事と食事の間隔、そして、身体を動かす時間など、そのちがいは人それぞれだと思います。ですから、週末対策はこれで決まり!というようなことは、ひと言で言い表わすことはできません。

カテゴリー
ライフスタイル

生活パターンを変えてみよう(3)1日単位の工夫

みなさん、こんにちは。

【朝は1日の準備を】

朝起きた時、あなたは無造作に飛び起きたりしていませんか?まだ、目を覚ましたばかりの時は身体が目覚めていません。ベッドの中で伸びをするなど、軽く身体をほぐしてから起きれば、朝のアクシデントも減らせます。

バスク風チーズケーキ

ベッドの中で身体を伸ばしたり、ベランダで深呼吸をするなど、1日の準備を始めましょう。そして、身体が動き始めたら朝食です。朝食が1日の状態を決めます。昼食の直前に空腹感がくるだけの量が適量です。朝食を抜くことはないように。朝でも脂質とタンパク質を忘れないようにしましょう。

そして、出勤や通学。朝は忙しくてドタバタ出て行くことも多いと思いますが、家を一歩出たところで軽く背筋を伸ばして前を見て、それから歩き始めましょう。良い姿勢は健康の基本です。